ダニ対策 マットレス

ダニ対策マットレスバージョン

マットレス

ダニって布団やソファーなどで繁殖しやすいという話を聞きますね。
では、マットレスなどはどうなのでしょうか。
どのようなダニ対策があるのか見てみましょう。

 

マットレスはダニが繁殖しにくい?

大半のマットレスの素材はウレタンなどの化学繊維がほとんどなのではないでしょうか。
ダニの餌というのは、人の髪の毛や皮膚、食べかすといったものになり、ウレタンは食べないらしいのです。
ですから、ウレタンの中では増殖しにくいという話もあります。
また、内側がスプリングになっているものなどは、繁殖は考えにくいでしょう。

 

しかしながら、マットレスを覆っている材質や、マットレスの上に敷くシーツなど、マットレスの中身以外にもダニが住み着く場所というのは数多くあることでしょう。
最近では、「防ダニ加工」をしているマットレスも数多くあります。
ですが、その周りに餌となる髪の毛や皮膚、食べかすがあったのでは、増える可能性も考えられますよね。
ですから、マットレスの中よりも、マットレス表面に住み着いている可能性が濃厚のように思えますよね。

 

だから、防ダニでも油断大敵ですね。

 

 

マットレスのダニ対策

ではよく行われているマットレスのダニ対策をご紹介します。

 

布団乾燥機

乾燥機

我が家では、マットレスに布団乾燥機をしています。
マットレスの種類にもよりますが、ウレタンのものでも布団乾燥機OKというものもあることでしょう。(使用前に良くご確認ください。)
マットレスと掛け布団を一緒に布団乾燥機で「ダニ対策モード」というのが大抵の布団乾燥機についているかと思いますが、しっかり長時間行うと効果的ですよね。

 

掃除機

レイコップ

基本的に掃除機では、生きているダニは吸いずらいと言われています。
レイコップでもそれは同じようです。
ですが、高温によって死んだダニの死骸や糞などのアレルギー物質を取りるのに効果的ですし、ダニの餌となる髪の毛や皮膚などこまめに取るにはとても良い方法ですから、ダニの増殖を抑制するつもりで我が家では頻繁に掃除機をしています。

 

ダニシートとスプレー

ダニシート

ダニスプレー

生きているダニは、掃除機で吸ってもダニのカギ爪や吸盤などでなかなか取れないという話があります。
つまり、力ずくでは思い通りにならないようなのですが、そこで、誘い込んで捕まえるという方法がとても効果的のようです。
ダニシートなどをマットレスの下に入れておけばマットレス全体のダニを自然とおびき寄せることができることでしょう。
誘い込む罠のようなものなので、入ったら出られない構造になっているものを使用するのがいいですね。

 

また、ダニ専用のスプレーを使用することで、これ以上ダニを寄せ付けないようにすることでより安心できることでしょう。

 

クリーニング

これは難しいい場合が多いですが、専用の業者などにお願いすると、マットレスを丸ごと綺麗にしてくれる場合があります。
もちろん、クリーニングもできないマットレスもありますが、専用の業者は、直接訪問してきてくれて、ベットをスチームなどで綺麗にしてくれる業者もあるようです。
普通のクリーニングと比べて当然高いですが、そのようなサービスを利用するとかなりスッキリすることでしょう。

 

 

まとめ

マットレスは布団よりもダニが増殖しずらいという話はありますが、絶対ダニがわかないというわけでもありませんから、油断せずに対策は必要でしょう。布団にするダニ対策と内容は似ています。
ただ、マットレスによっては、ウレタン素材のものだと、スチームアイロンなど、高温ですると痛むこともあるかもしれません。
マットレスのお手入れなど、説明書をよくご確認の上でご使用していただくと安心ですね。

 

 


page top