ダニ対策 赤ちゃん

赤ちゃんの為にしたいダニ対策!

ダニ対策 赤ちゃん

ダニは家の至るところにいます。
特に、ソファーや布団、マットレス、衣類などに沢山いることで知られていますね。
普段私たちが生活している中では、小まめに掃除をしていれば問題なさそうに感じます。
ですが、赤ちゃんがいるご家庭では少し話が違ってきます。
ダニというのは、赤ちゃんにとって良い事はありません。
赤ちゃんが健やかに育ってもらいたい。その為にも、しっかりダニ対策をしておきたいですよね!

 

今回は赤ちゃんの為のダニ対策をご紹介します。

 

免責事項

赤ちゃんが触れる可能性のあるものから確認

マットレス・布団

マットレス

布団やマットレスはダニがいそうな場所としてはとても有名な場所ですよね。
しかもダニは布団の奥に入り込んだ状態でいます。
そんな沢山ダニが増殖している場所に赤ちゃんを寝かせていると考えると怖いですよね。
また、赤ちゃんは、四六時中布団に寝ている状態ですから、移動したくても自分で移動できませんもんね。

 

あと、赤ちゃんがミルクを吐いてしまったり、何かをこぼしてしまったりしたところは、さらにダニのえさになったりしそうなので注意したいところですね。

 

 

ぬいぐるみ

ぬいぐるみ

ぬいぐるみもダニが好きな場所と言われています。
ぬいぐるみは中が分厚いですから、奥の方まで入り込むことができると思われます。
また、赤ちゃんはぬいぐるみをなめたり、かじったりすることが多いですから、知らない間に口にダニが入ったりすると怖いですよね。

 

 

衣類・洋服ダンス

タンス

服は洗濯機で洗えば綺麗になります。
ダニもいなくなることでしょう。
しかし、衣類の保管方法が悪ければいくら綺麗に洗ったって無駄です。
洋服ダンスの中がダニだらけでは、綺麗な衣類を入れてもすぐにダニに汚染されてしまいます。
「一度綺麗に洗った衣類だから・・・」といっても長期間タンスに閉まっていたものも注意したいところです。

 

このように、赤ちゃんとダニは接してしまうことって結構多いです。
ですから、普段赤ちゃんが触れる場所をしっかり確認して常に綺麗にしておく必要がありますね。

 

 

ダニの駆除の仕方

これはあくまで我が家で実践している方法をご紹介します。

 

マットレス・布団
掃除機

我が家では出産祝いにレイコップを親戚からもらい、ありがたく使っています。
ダニの糞や死骸を含むハウスダストを吸引してくれます。
生きたダニを全て吸い取るという事まではできないみたいなのですが、ダニが増える原因が少しでもなくなるのは心強いですね。

レイコップ

 

ただ、巷では、吸引力が強力な掃除機の方がダニが採れるという話も聞きますね。
布団は厚みがありますから、奥の奥までしっかり吸引できるというのも効果的に感じますね。

 

 

布団乾燥機

乾燥機

ダニは60℃くらいで死滅すると言われています。
だから、布団乾燥機で布団をあったかく するのはとても有効ですよね。
しかも、布団乾燥機には、「ダニ退治」みたいな目安もありますから、それを参考に定期的にすることをおすすめします。
また、ダニは生きているダニは有害ですが、ダニの死骸でも人間の体に良くないと言われています。
布団乾燥機をかけた後は掃除機で吸い取ることをおすすめします。

 

 

アイロン

アイロン

布団乾燥機は結構大掛かりでちょっと面倒に感じるかもしれません。
また、時間も1時間くらいかかる場合もありますから、大変です。
そこで、アイロンを使うというのも一つの方法です。
アイロンはとても高温ですから、赤ちゃんの場所だけささっと綺麗にしたい場合、また、おねしょやミルクを吐いたところを綺麗にしたい場合など、アイロンを使うと以外と簡単で便利です。

 

因みに

布団を日光に干すという方法も一応有効です。
しかし、ダニは移動する生き物で、布団の片側を干すと、裏側に移動したりするらしいですから、一気に全てを死滅させるというのは難しいでしょう。
真夏の猛暑の場合はいいかもしれませんが、それ以外の季節は期待できないかもしれませんね。

 

 

ぬいぐるみ

ぬいぐるみも基本的に布団と同じ方法で実施しています。
1、掃除機
2、布団乾燥機
3、アイロン

 

ただ、ぬいぐるみで、とても小さいもの、丸洗いできるものは積極的に洗濯機で丸洗いをしています。
小さいぬいぐるみは、洗濯物と一緒に干しておけばすぐに乾きます。
肉厚でぬいぐるみの中心部まで乾かないものは、カビの原因になるので洗いませんが、小さいぬいぐるみは意外に洗えるものもありますので自己責任の範囲でやってみてはいかがでしょうか。

 

 

衣類・洋服ダンス

洋服ダンスもダニがいることが多いですが、ダニは壁の中までは入れないと思いますので、タンスの中を掃除機などをつかってゴミや塵をすいとることでも効果があると思います。

 

防虫剤などを入れるのも有効でしょうけど、新聞紙を入れることもいいと言われています。
新聞紙のインクが良い効果を出すらしいです。

 

 

いかがでしたでしょうか。
ダニは、基本60℃以上の熱、もしくは掃除機で吸い取る、そのような方法効果的だと感じます。
一番は洗濯機と乾燥機でスッキリ完璧に洗うことです。
特に赤ちゃんの布団や衣類は小さいですから、全部洗うことも可能だと思います。
定期的に小まめに洗ってあげることをおすすめします。

 

 

ダニの予防

忙しいお母さんにとって上記の対策を常にしておくのはなかなか大変です。
そこで、予防法をいくつかご紹介します。

 

ダニ予防シート

結構綺麗にしているつもりでも、目に見えにくいダニを常に探すのは一苦労します。
そこで、自動でダニを予防、駆除してくれるダニシートはとても安心できます。

ダニシート

ダニシート2

 

このようなダニシートを購入して、布団の間やぬいぐるみ、タンスの中に入れてます。

ダニシート3

ダニシート4

ダニシート4

ダニシート4

 

ダニは普通に暮らしていて目につくわけではありません。
このようなシートを入れておくことで、知らない間にそこに集まってくれているので、そのまま捨てればOKなんです。
ダニシートの中には、おびき寄せて捕まえるようなタイプもあります。
私が購入したダニシートは始めやすい価格で、安心できるものですので、興味のある方は公式サイトをご確認ください。
  ▼  ▼  ▼  ▼

 

 

 

 

ダニスプレー

巷では、除菌スプレーや、消臭スプレーが沢山販売されています。
除菌とかだと、ばい菌をやっつけてくれて頼りになりますよね。
しかし、「ダニをやっつけます!」と宣伝しているスプレーって少ないと思います。
名前に「ダニ」と入っているこの商品はダニに対して特化した商品だからこのように名前が付くのでしょう。
ダニシートを作っているメーカーと同じメーカーの会社です。
ぬいぐるみなど、シートじゃちょっと取り除けなそうなところ、広い範囲を一気に除去したい場合など、このスプレーは良いと思います。

ダニスプレー

 

子供の近くでも使って安心のものなので、広範囲でダニ対策スプレーをしたい場合はこちらがおすすめです!
 ▼  ▼  ▼  ▼

 

湿度と温度

ダニ対策湿度

部屋の温度が20度以上、湿度は60%以上の環境だとダニが増えやすいという話があります。
皆さんの部屋の湿度はどのくらいありますか?
部屋の環境によって50%前後というところが多いかもしれませんが、洗濯物を部屋干ししたりすると、あっという間に60%以上になったりします。
こまめな換気や除湿器、除湿剤などを利用して、湿気対策をすることがまずは先決かもしれませんね。
湿度が高すぎると、カビも生えやすいので、あまり良いとは言えなそうですね。
冬場はどうしてもインフルエンザなど心配な面があり、湿度は大切ですが、それ以外の季節は湿度が高いのには気を付けた方がいいかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

赤ちゃんの肌はとても繊細です。
かまれたらひどく腫れてしまうことだって考えられます。
また、ダニの死骸を放置しているのもよくありませんよね。
大事な赤ちゃんのためにも、近くにダニを寄せ付けないような工夫をしていきたいですよね。

 

ただ、お母さんはとても忙しいですから、少しでも楽ができる工夫というのもしていきたいものです。
このサイトでは、いろんなグッズを実際に購入して試したレビュー記事も載せていきますので、参考にしてみて下さい。


page top